ようこそ、沖縄の海辺へ。

熱中症に気をつけよう

 

【熱中症について】

熱中症についての知識、予防方法、応急処置については、
 以下の情報が参考になります。まずこちらを確認してください。

  ○独立行政法人日本スポーツ振興センター 
    「熱中症を予防しよう -知って防ごう熱中症-」 
     応急措置は、分かりやすいフローチャートになってます! 

  ○環境省 熱中症予防情報サイト ← 熱中症についての情報のリンク集
   ・熱中症の応急処置 ← 症状の判断と、応急処置の流れ
   ・普及啓発資料のダウンロード  ← 熱中症予防や対処法の資料

 

【熱中症:こんなとき!どうする?】

○夏の野外活動や暑い室内でだるい、頭痛、吐き気
   ・・・脱水による「熱疲労」

 → まず水分補給!そして涼しい日陰で休み氷などで体を冷やす。 
   吐き気などで水が飲めない時は、すぐに病院で点滴。 
   回復しても、その日の活動は中止してゆっくり休む。 
   回復しなければ病院へ!

   ※脱水時の水分補給には、スポーツドリンクを倍に薄めて、
     塩を軽く小さじ1杯 加えた飲料を用意しておくと飲みやすく、吸収がよい。
     (ただの水より、 塩分・糖分・クエン酸をプラス。
     塩分は1リットルの水に2gくらい。)

 

○運動などで大量に汗をかいたとき、
 水を飲んでも手足や腹筋にけいれんや筋肉痛 
   ・・・塩分不足の「熱けいれん」

 → 塩分補給!生理食塩水(1リットルの水に9gの食塩)を飲ませる。 
   そして涼しい日陰で休み、氷などで体を冷やす
   回復しても、その日の活動は中止してゆっくり休む。
   回復しなければ病院へ!

     ※塩は、小さじ(5cc)すり切りで約3g、ティースプーン山盛で1杯6~9g。
     (もちろんスプーンの大きさによります!お使いのを一度測っておくと便利。)

 

体温が高く、ふらついて倒れる、意識もうろう
   ・・・重度の熱中症「熱射病」

 → ただちに119番で救急車を呼ぶ! 
   と同時に、涼しい場所に寝かせて、体に水をかける、濡れタオルを当てる、
   風を送る、氷や冷えた缶・ペットボトルなどを首筋や脇の下に挟むなどして、
   救急車が来るまでの間に、とにかく体を冷やす!

 

海の環境教育のお問い合わせは        TEL 098・959・8193          受付時間:朝10時〜夕方6時頃

サイト内検索

アーカイブ

ネコ温度計

Moon

Today's Moon phase

クリック基金

クリックで救える命がある。

Count per Day

  • 77529総閲覧数:
  • 53334総訪問者数:
  • 8今日の訪問者数:
  • 48昨日の訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2015年3月27日カウント開始日:

Facebook

Facebook By Weblizar Powered By Weblizar
Copyright © しかたに自然案内 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.